毎月20人以上の新患が得られるホームページ作りに向けて|メディココンサルティング

毎月20人以上の新患が得られる
ホームページ作りに向けて

このページは、弊社サイトにおいて唯一、切々と想いを綴った長い長いページです

しかし…

  • 本当にホームページからそんなに来患が得られるの?
  • できるものなら、そういうホームページが欲しい
  • いやいや、とにかく患者さんに来て欲しい!

そう感じられるところがあれは、ぜひ最後までお読みになって下さい。
そして一度だけ、実際に弊社の話しを聞いてみて下さい。
必ずや、先生にご満足頂けるご提案をさせて頂けるものと自負しております。

これまで弊社にお問い合わせを頂いた医院様において、既にホームページをお持ちの場合、そこから得られている新患数は、概ね5人未満というケースが大半を占めておりました。それは即ち、ただ単にホームページを制作しただけでは、集患・増患の基幹を成す媒体とは成り得ないということになります。

しかしながら、弊社にて新規制作、または全面リニューアルをお任せ頂いた医院様の多くにおいては、毎月20人、30人もの新患を獲得できるようになったり、来患数の半数近くをホームページから得ている医院様が続出しております。これは、単純な机上のマーケティング理論を踏襲するのではなく、2,000件近く(平成28年9月現在)の制作・管理に携わってきた経験とノウハウに基づき、医院様毎に異なる地域性や特色に合わせた戦略をご提供しているからに他なりません。ですから、弊社は、集患・増患でお悩みの医院様に対し、「ホームページこそが最強のマーケティングツールである」と、自信を持ってお伝えしているのです。

では、この最強のマーケティングツールを活用しなかった場合には、来院された患者様は、なぜ貴院を選んだのでしょうか?もちろん、一度診療を受けられた方による口コミやご紹介もあるとは思いますが、多くの先生方からお話しを伺う限り、大凡"近かったから""遅くまでやっていたから"といった、偶然に近い理由でニーズの合った患者様が来院されていることが殆どとなっているだけなのです。

昨今の、各地で様々な医院様が開業をされていく状況においては、環境の厳しさは益々激化し、利便性のみで十分な来患数を確保できる医院様は、各地域で1件程度になってしまうという話しも、あながち間違いではないものと考えられます。このような状況を鑑みれば、これからのホームページは、利便性をより効果的にアピールするのはもちろんのこと、これまで以上に「自分に合った医院として患者様から選ばれること」が重要になってきます。また、それに伴い、貴院の強み・こだわり・実績を、患者様が理解しやすいキャッチコピーと説明文で表現し、且つ、ストレスなく読み進められるレイアウトとニーズを強烈に喚起させる画像表現を用いて伝えることが、集患・増患に繋がるホームページ制作においての必須事項となってくるのです。また、それを達成することにより、貴院が提供される医療に共感して来院された患者様であればこそ、自費診療への移行や自院への固定化・ファン化につながると思うのです。

では、どのようにすれば、貴院のホームページが毎月20人以上の新患を呼ぶ効果的なマーケティングツールとなるのでしょうか。ここでは、まずそれに関する弊社の制作手法をお伝えしたいと思います。

これまでのホームページ制作会社の最大の問題点は、掲載内容のほぼ全てを医院様側でご用意して頂かなければならなかったことです。一般の制作会社は「どうすればホームページを見た患者様が来院されるのか」、その理由を知りません。ですから、「先生、こうした方が患者さんには分かりやすいですから、このような表現にしましょう!」「最近はこういったコンテンツの反応が良いですから先生のサイトにも追加しましょう!」「この治療をアピールするためにはこういう症例写真が必要ですからご用意下さい」等々、積極的に提案することができません。

またなぜこのように言い切れるのかと言えば、これまで約2,000件の医院様のホームページ制作に携わってきた中で、他社からの提案をお受けになっていたり、実際に制作を依頼された経験のある先生方から、そのようなお話しを伺ってきたからに他なりません。先生方からの指示を待つだけで、それがなければ身動きの取れない制作会社では、患者様を呼べるホームページを作ることはできません。
そして、多くの先生方は慣れないコンテンツ制作に頭を悩まされていく中で徐々にモチベーションを失ってしまいます。低下してしまったモチベーションでコンテンツを考え、制作会社に指示を出し、それを制作会社が単純にホームページにするだけでは、効果が出るはずがありません。当然です。初めてホームページを作られる先生が、ご自身なりに考えて作ったコンテンツなのですから、患者様が来なくても当然なのです。
普段、先生方は「如何に結果が出るホームページを作るか」ではなく、「如何に良い治療をするか」ということを考えられているのですから。

また、ホームページは、写真で表現することはもちろん大切ですが、大半は文章での表現となります。つまり、どんな文章を書くかということが、ホームページの成果を大きく左右するのです。にもかかわらず、どんな文章をどのように書けば良いのかということに関しては、たいていの制作会社は何一つアドバイスや提案をしてくれません。
先生がお作りになられた文章を、そのままホームページのデータに作り替えて、見た目を整えるだけが、一般の制作会社の仕事なのです。これに対し、弊社では、これまでの制作実績の中で、実際に成果のあったノウハウを余すところなく貴院のホームページにもご提供していきます。これこそが、従来のホームページ制作会社と一線を画す弊社の強みなのです。
先生は、殆ど何もすることなく、集患・増患に結びつくホームページを持つことができるようになるのです。もちろん、弊社が「ご用意下さい」とお願いした症例写真や資料などはお送り頂かなければなりませんが、これは一般的なメールのやりとりができる先生であれば、何ら問題ないことだと思います。

では、実際に弊社にホームページ制作をお任せ頂いた先生方が、どのような感想をお持ちになられているのかを、ご紹介させて頂きます。

pagetop