ホームページ運用と解析

「ホームページは制作して終わり。」ではありません!

ホームページは、アクセスしてきたユーザー様に継続的に新しい情報を掲載し、制作したページを「維持・運用」してはじめてプロモーション(広報、広告)ツールとしての力を発揮することができます。

中でも医療機関様におきまして、ホームページより発信される内容は、地域に暮らす方々の健康に関わるたいへん重要な情報といえます。 「ホームページを制作さえすればよい」と考える会社は、これらの維持・運用のことは考えず、制作段階で高額な費用を要する契約を締結して終わりでよいと考えます。

メディココンサルティングでは、初期費用(制作費)を可能な限り抑え、ホームページを制作した後も月々の管理費の中で長く維持・運用していただけるプランをご提案いたします。

ホームページ制作には、以下の2つの販売方法があります。

①サイトを制作し納品する売切りの会社

add_circleメリット

  • サイトの管理代行を頼まないので、サイトを更新しない場合は、ランニングコストが安い。
  • サイト更新の知識を持った方がクリニックに在籍する場合は更新が早い。

remove_circleデメリット

  • サイトの制作費が高い傾向にある。
  • 更新が必要な場合は毎回、業者に見積りから依頼する必要があり、すぐに更新されない。
  • サーバー管理とドメイン管理の契約・更新を行う必要がある。
  • 医療法改正や消費税率変更など、法的な影響に対するフレキシブルな対応が難しい場合がある。

②サイトを制作し更新管理運用まで行う会社

add_circleメリット

  • サイトの制作費は安い傾向にある。
  • 簡単に依頼ができる。
  • 毎回更新内容の見積りを行う必要がないため、更新が早い傾向にある。
  • ホームページの専門的知識が不要。
  • 法改正等の対応に強い。

remove_circleデメリット

  • 個人で管理するよりも、ランニングコストが比較的割高となる傾向にある。
  • CMS(PCブラウザ画面からホームページを更新できるシステム)の場合に比べると、更新にやや時間がかかる。

メディココンサルティングでは、②のようにサイトを制作した後も、サイトの運用を行っております。この理由としましては、①のような売切りでの販売方法の場合、日進月歩で変化する検索エンジンのアルゴリズム変更に対応できないリスクがあり、さらにサイトを更新したい場合に、医院様にて気軽に更新ができないという問題や相談をいただく場合が多いためです。

また、最近は①のようなサイトを売切りにて販売する会社の多くは、個人にて更新がしやすいようにCMSという仕組みを活用しサイトを作成し納品する会社もありますが、多少ホームページ制作の知識がないと思うようにサイト更新ができなかったり、更新作業に時間がかかるため、触らなくなる方もいます。

またCMSは汎用的なシステムであるWordPressを活用される方が多くおられますが、アップデートなどのメンテナンスを定期的に行わないと、アカウントの乗っ取りなどのトラブルにつながる場合があります。


メディココンサルティングの更新サポート

メディココンサルティングでは専属の更新部署を設けております。 医療業界に特化したホームページ制作会社だからこそ、季節的な更新のご提案や、ご依頼の内容に対して、医療広告ガイドラインなどに即したご相談を行うことも可能です。

またサイト内に設置しておりますお「知らせ欄」や、「カレンダー」「ブログ」などは、クライアント様が直接更新を行うことも可能です。 更新専用のフリーダイヤルや更新依頼フォームなどもございます。サイト完成後には、ぜひお気軽にお申し付けください。

更新依頼・障害状況の確認はこちら

ユーザーID:mcc パスワード:request


ホームページ更新依頼の流れ

STEP 1

contact_mail

更新フォーム・メール・お電話・FAXのいずれかより ホームページ更新内容をご依頼ください。

STEP 2

desktop_windows

メディココンサルティングにてご依頼いただいたクライアント様の順に、公開前の確認用ページを作成します。

※納期は、ご依頼いただいた更新の内容や量により異なります。

STEP 3

email

クライアント様へメールにて、公開前の確認用ページ(公開されていないページ)を ご案内させていただきます。

STEP 4

important_devices

クライアント様から公開のご了承を頂き、ご依頼いただいた更新ページを公開いたします。


解析の必要性について

ホームページがどれくらい有効であるか知る必要があります

ホームページが、どれだけ見られているかを知ることはとても大切です。 閲覧状況を知ることで、クリニックの運用方針を考えることができます。増患されたい診療科目や疾患がある場合には、ホームページの記載されている場所に優先順位をつけることができます。

また、実際に来院された患者数がわかる電子カルテなどのデータと、ホームページのアクセス数を比較することで、マーケティングを行うことも可能となってきます。

ホームページのアクセス数を取得するツールは多数ございますが専門用語が多かったり、初期設定・登録、データ解析に専門的な知識を要することも多くございます。

そのようなわずらわしさを解消するために、メディココンサルティングでは、定期的なアクセス解析のレポートをご案内するサービスも行っております。

※アクセス解析レポートは、ご契約いただいたプランにより、ご案内していない場合がございます。